冷涼な地域を好み、山地でよく見られる。東北から北では平地にもいる。クサキリと外見が似ていて紛らわしいが、脚の脛節が黒くならないこと、翅端が尖り気味になること、頭部がより鋭角になることなどから区別できる。また鳴き声も少し異なり、クサキリはいきなり「ジーーーー」と鳴き始めるのに​対し、ヒメクサキリは「ジ...ジ...」と断続的な前奏が入る。

ヒメクサキリ

Ruspolia dubia
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  7月下旬~11月上旬​
 【成虫の姿】​