Ruspolia lineosa

クサキリ

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島

【出現時期】

 7月下旬~11月上旬

【出会いやすさ】​​

キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
クサキリ

河川敷のような開けた草地に見られるキリギリスの仲間。クビキリギスと混同されがちだが、本種は頭部の尖り方はあまり鋭くなく、​そもそも発生時期が異なる。「ジーーーー」と長く連続して鳴き、ヒメクサキリのような前奏は入らない。一般的に脛節が黒くなる傾向にあるが、幼虫では​黒くない場合も多く、そこだけで安易に判断しない方が良いだろう。成虫は翅端が尖らないことも、識別点の一つ。

【成虫の姿】​​

クサキリ

オス

メス

【生態写真】​​

クサキリ

クサキリ初齢幼虫

5月の終わりから6月の頭くらいになると孵化が始まる。

クサキリ

クサキリ中齢幼虫

成虫と比べると透明感があり丸っこい体つきをしている。後脚も小さい。

クサキリ

クサキリ終齢幼虫

7月に入ると、早いものは終齢幼虫になっている。中旬から下旬くらいには初鳴きが観測できるだろう。

クサキリ

クサキリ♂

7月下旬から成虫が出現する。キリギリス類はコオロギ類と比べて発生が少し早い傾向にある。