Sclerogryllus punctatus

クマスズムシ

無料の音符アイコン素材 その3.png
美声
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 7月中旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
クマスズムシ

名前に「スズムシ」が付くが、コオロギの仲間(スズムシはマツムシ科)。​寸胴で動きも緩慢なので可愛らしい。オレンジ色の脚が黒い体に映えて美しい。深い藪の根際で鳴いているので目にする機会は少ないが、夜に付近の路上に出て来ることがあるので、鳴き声を聴ける草地があれば探してみると良いだろう。耳鳴りのような高い声で鳴くが、音量が小さいので意識していないと​気付かないかもしれない。他のコオロギと違ってあまり飛び跳ねず、のそのそと歩くのが特徴。南西諸島では奄美群島および沖縄諸島で分布が確認されている。与那国島には近縁種のネッタイクマスズムシが生息している。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

クマスズムシ

クマスズムシ♂

一般的なコオロギ体形ではなく、例えるならスイカの種のような形をしている。

クマスズムシ

クマスズムシ♀

オスよりも一回り大きい。地表に落ちた枯れた植物の茎や木の枝などに産卵する。