Svistella bifasciata

クサヒバリ

無料の音符アイコン素材 その3.png
美声
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png

【分布】

 本州・四国・九州・伊豆諸島・南西諸島

【出現時期】

 8月上旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
104876g.png
クサヒバリ

林縁の低木などに暮らすヒバリモドキ科の仲間。開けた草原でも見られる。美しい鳴き声で知られ、古くから親しまれている。明け方によく鳴くことからアサスズの異名をもつが、昼夜問わず鳴き声を聴く。​体が小さく素早いので、姿を見ることは難しい。メスは樹幹に産卵管を挿して卵を産むと、土を塗って穴を塞ぐ習性がある。産卵後に何らかの加工を施す行動は、直翅目としては珍しい。外見ではウスグモスズ、鳴き声ではヒゲシロスズと間違われることがある。

【成虫の姿】​​

クサヒバリ

オス

クサヒバリ

メス

【生態写真】​​