Hexacentrus hareyamai

ハヤシノウマオイ

【分布】

 本州・四国・九州

【出現時期】

 7月下旬~10月下旬

【出会いやすさ】​​

キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
キリギリス.png
ハヤシノウマオイ

肉食傾向があるキリギリスの仲間としてはやや小型。ヤブキリキリギリスが雑食性なのに対して、ウマオイは完全な肉食性で、小昆虫を捕らえて食べる。名前に「ハヤシ」とつく通り山林や薄暗い藪で見られるが、よく飛ぶので近くの住宅街にも来ていることがある。鳴き声が特徴的で、その聞きなしから「スイッチョン」との愛称で親しまれている​。河川敷のような開けた草地にはハタケノウマオイがいるが、分布がやや限られていてハヤシと比べると出会う可能性は低い。外見上、ハヤシとハタケは酷似しており、鳴き声で区別するのが確実な方法。ハタケはハヤシよりも忙しない感じで鳴く。南西諸島にはタイワンウマオイが生息しているが、他に類似種が混生しないので判断には困らない。​こちらも外見上は非常に良く似ているが、一回り大きい。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ハヤシノウマオイ

ハヤシノウマオイ♂

前翅の幅が広く、どこかクツワムシを思わせる形状をしている。夜行性で、鳴いては移動してを繰り返す。

ハヤシノウマオイ

ハヤシノウマオイ♀

産卵する場所を探すメス。剣のように長い産卵管は土中に産むのに適している。

近縁種

タイワンウマオイ

Hexacentrus unicolor

タイワンウマオイ

沖縄県に分布するウマオイの一種。山間部から海岸沿いまで広く生息している。本土のハヤシノウマオイやハタケノウマオイに比べて大きく、見応えがある。肉食だが、写真のようにクワズイモの果実を齧っていることから、少しは植物も食べるようだ。夏から秋にかけてよく見かけるが、春にも少数だが鳴いているのを確認している。