石垣島に生息するモリバッタの仲間。石垣島の他に、宮古島、多良間島、竹富島で確認されている。イリオモテモリバッタとヨナグニモリバッタとは亜種関係にある​。宮古島に生息する個体群は、形態比較から別亜種とすべきだという意見もあるが、現状はイシガキモリバッタとなっており、今後の研究が待たれる。体は白っぽく、わずかに黄色味を帯びる。後脚の脛節が黄色いのが特徴で、他亜種との識別ポイントになる。林縁の落葉上や、クワズイモなどの葉の上で見つかる。周年発生で年間を通して成虫がいるが、多少の波があり、ほとんどが幼虫の時期もある。

イシガキモリバッタ

Traulia ishigakiensis ishigakiensis
 【出会いやすさ】
 【出現時期】
​  1年中
 【成虫の姿】​
 【生態写真】​

イシガキモリバッタ中齢幼虫

​若い幼虫は茶色い地味な色をしている。落葉の上にいることが多く、目立たない。

イシガキモリバッタ終齢幼虫

​大きくなるにつれて成虫と同じ色になってくる。昼よりも夜の方が見つけやすい。

イシガキモリバッタ♂

​オスは小さくて細身。のんびりしているようにも見えるが、人の接近に気づくと跳んで逃げる。

石垣島に生息するモリバッタの仲間。石垣島の他に、宮古島、多良間島、

竹富島で確認されている。イリオモテモリバッタとヨナグニモリバッタとは

亜種関係にある​。宮古島に生息する個体群は、形態比較から別亜種とすべきだ

という意見もあるが、現状はイシガキモリバッタとなっており、今後の研究が

待たれる。体は白っぽく、わずかに黄色味を帯びる。後脚の脛節が黄色いのが

特徴で、他亜種との識別ポイントになる。林縁の落葉上や、クワズイモなどの

葉の上で見つかる。周年発生で年間を通して成虫がいるが、多少の波があり、

ほとんどが幼虫の時期もある。