Traulia ishigakiensis yonaguniensis

ヨナグニモリバッタ

109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png
109052g.png

【分布】

 与那国島・小浜島・波照間島

【出現時期】

 1年中

【出会いやすさ】​​

ヨナグニモリバッタ

与那国島に生息するモリバッタの仲間。与那国島の他に、小浜島、波照間島で確認されている。イシガキモリバッタイリオモテモリバッタとは亜種関係にある​。体色はイシガキモリバッタよりもさらに白っぽい。後脚の脛節が赤いのが特徴で、他亜種との識別ポイントになる。小浜島の個体群は、後脚の関節部分が少し青みがかるとされている。島の広範囲に見られるが、林縁の落葉上や、クワズイモなどの葉の上に多い。周年発生で年間を通して成虫がいるが、多少の波があり、ほとんどが幼虫の時期もある。

【成虫の姿】​​

オス

メス

【生態写真】​​

ヨナグニモリバッタ

ヨナグニモリバッタ中齢幼虫

若い幼虫は茶色い地味な色をしている。落葉の上にいることが多く、目立たない。

ヨナグニモリバッタ

ヨナグニモリバッタ亜終齢幼虫

大きくなるにつれて成虫と同じ色になってくる。昼よりも夜の方が見つけやすい。

ヨナグニモリバッタ

ヨナグニモリバッタ♀

日本最西端の地碑近くで見かけたメス。林縁に多いが、海岸沿いにも生息しているようだ。